余裕で禁煙ドットコム
たばこの値上げがますます増えている昨今。 そんな折り、管理人自身が禁煙に見事成功しました!同じく禁煙に悩んでいる方に、管理人の体験を元に禁煙するための役立つ情報をお伝えしていきます(*^^*)


[PR]狂速のパーフェクト禁煙法
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


喫煙依存症の方に役立つ情報がズラリ勢揃い↓
タバコの種類~パイプ
パイプ

  thumb1.jpg

 パイプ、ライター、パイプツール及び刻みタバコのパッケージ主にアメリカやヨーロッパ等で使われる喫煙具。

 刻みタバコと香料を加えたものを詰めて吸う。日本では明治・大正の頃に一部に見られたものの、一般では煙管の方が普及しており、第二次世界大戦以降には紙巻煙草が急速に普及した事から、極めて趣味性の高い、上品な吸い方と見なされていて、評論家や執筆業といったインテリに人気のある喫煙方法ではある。

 しかし欧州では19世紀辺りまでは、労働者等の大衆の喫煙方法とされていた。なお日本のパイプ愛好家の中には、プロレタリアート文化に触発されてこれを好む者も見られる。

 1990年代以降のシガー(葉巻)ブームに関連して、その趣味性の高さから、近年では再び愛好者層を増やしている模様である。2000年代より、これらパイプ用の喫煙具を扱う通販サイトも増加傾向が見られる。

 フィルタが存在せず煙路が長いため煙温も低く、紙巻きに比べタバコを味わうのに向いている。

 また、落ち着いて吸わないと途中で火が消えてしまうので喫煙と言う行為を、時間を掛けて楽しむ喫煙具と言える。
パイプの手入れと平行して吸わなければ成らない点や、継続的な火の管理などで熟練を必要とし、一部好事家の中には「如何に長く同量の煙草を、所定のパイプで長く持たせるか」という競技も存在している。

 同じパイプタバコでも、英国風と欧州風・米国風のブレンドに区分けされ、英国風は水分が多くて香料は使わないか極めて少なく、欧州風はやや乾燥して香料は控えめ、米国風はよく乾燥して香料を多用しているといった特徴があり、また使われている葉のブレンドも様々である。

 パイプも、王様と形容されるブライヤのほかに女王と称されるメシャム、素焼き陶器・瓢箪・コーン(玉蜀黍の芯)といった様々な材質の物が存在している。

 一服あたりの喫煙時間は、葉の銘柄や詰め方にもよるが、平均的には30分~1時間で、人によっては2時間を越える。

 葉の分量は概ね、紙巻きタバコ3~4本程度。ただし紙巻きタバコと違って、吸った煙は飲み込まず、口腔内でふかすようにして喫煙する。

 このため、口腔粘膜からニコチンを摂取することになり、紙巻きタバコよりも効率良く、多くのニコチンを吸収することになる。

 結果として、パイプを1時間程度掛けて一服することにより、紙巻きタバコを10本程度はチェーンスモーキングする程の充足感が得られ、場合によっては非常に経済的な喫煙方法であると言える。

 途中で吸うのを止めるとパイプの中の火は酸欠で勝手に消えてしまうため、時間を空けて後で再点火して吸うことも可能だ。

 ただし、中で汁が出るほど葉が極端に湿っている時は、パイプが傷む原因になるのでパイプレスト(パイプ用のスタンド)に立てかけて、余熱で程好く乾燥させた方が良い。

 また銘柄によってタバコ本来の葉の味から、お菓子のような甘い風味まで味わえる物まであり、その喫煙スタイルは他の喫煙方法には無い非常に幅広い選択肢を持つ。

 初めは道具を揃えるのに投資が必要となるが、良質なパイプ数本を揃えてローテーションさせる事で、一本のパイプは数年から数十年は使えるため、煙草代を含めてチェーンスモーカーが1日で一箱空けるよりは、かなり経済的かもしれない。また紙巻煙草のように吸殻が出ないことから、ゴミの少量化にも繋がる。

スポンサーサイト


喫煙依存症の方に役立つ情報がズラリ勢揃い↓

テーマ:禁煙 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoyudekinen0.blog72.fc2.com/tb.php/12-f9eda6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。