余裕で禁煙ドットコム
たばこの値上げがますます増えている昨今。 そんな折り、管理人自身が禁煙に見事成功しました!同じく禁煙に悩んでいる方に、管理人の体験を元に禁煙するための役立つ情報をお伝えしていきます(*^^*)


[PR]狂速のパーフェクト禁煙法
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


喫煙依存症の方に役立つ情報がズラリ勢揃い↓
タバコの種類1
タバコの種類

 着火して煙を吸入する「刻みタバコ」「葉巻きタバコ」と着火しない「嗅ぎタバコ」「噛みタバコ」がある。


葉巻きタバコ

 タバコの葉を刻まずに丸めて吸うタイプのタバコ。刻みタバコをタバコの葉で巻いたものも存在する。 詳細は葉巻きタバコを参照のこと。


刻みタバコ

喫煙方法によりいくつかに分類される。


紙巻きタバコ(シガレット)

 日本では一般にタバコという場合、これを指す。形状は刻みタバコを紙で筒状に巻いたもので、直径は約6ミリ、長さは6cmほど。一本あたり約0.7gの葉が使われる。包み紙はシガレットペーパーと呼ばれる特別な紙。

 元来、両切りと呼ばれるフィルタの無いものしかなかったが、ロウ引きの吸い口を経て、現在では吸い口にニコチン、タールなどを吸収するフィルターがついたものが主流となっている。

 このフィルターには主にアセテート繊維が利用されており、日本たばこ産業の製品では日本フィルター工業が生産、活性炭を加えたチャコールフィルターがよく使われる。
また日本では外国産の紙巻きタバコは、俗語として「洋モク」と呼ばれることがあるものの、日本たばこが国内の販売代理店を行っている銘柄も多い。

 一本あたりの平均的な燃焼時間は3~5分程度で、概ね半分~2/3程度吸ったら火を消して、吸殻として捨てる。

 このため一部の倹約喫煙家では吸殻の残った部分を惜しむ人も見られる。かつて日本が貧しかった時代には、この吸殻を惜しんで吸う人も見られた。ただし一度吸った紙巻タバコは風味が悪い。

スポンサーサイト


喫煙依存症の方に役立つ情報がズラリ勢揃い↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yoyudekinen0.blog72.fc2.com/tb.php/10-d4e1d8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。